11/24/2012

渡米4ヶ月目の英語能力

7月末にアメリカに来て4ヶ月になるけど英語に慣れたなと感じたのは3ヶ月くらい経った時だったと思う。

それまではコミュニケーションが本当に大変で、相手が何言ってるか良くわからないからレスポンスができず会話も盛り上がらずって感じで「まぁ日本でも割りと無口な人間だったから良いか」と自分に言い聞かせたりしてた。ただ研究室に中国人韓国人が多かったので彼等とコミュニケーションを取ることはそこまで大変ではなかった。実験の授業のパートナーは中国出身の留学生でお互いの英語を話すスピードが同じだったので非常に楽だった。でも研究でアメリカ人と話す場面はあるし、授業でも一緒に宿題を解いていた友人はネイティブだったのでそういう時はしんどかった。自分を客観的に見れば「こんな無口な奴、宿題見せてくれなければあんまり関わらないだろうな」と思うような状況だった。

ただ、3ヶ月くらい経つとリスニング能力もちょっとずつ向上してるみたいで、聞き取れる単語の数が増えてきたと思う。聞き取れる単語の割合が増えてくると、相手が何を言おうとしてるのか推測することはできる。そして推測の正解率が上がってくると相手にレスポンスができ、会話が繋がってくる。相手が何を言ってるか完全には分からなくても推測できたり何となく分かるだけでだいぶできることが増えてくる。


英語が聞き取れないことによる息苦しさはなくなってきたけど課題はたくさんあるので以下にまとめておきたい。




1,リスニング力
ネイティブの速い英語はまだまだ理解が追いつかない。これはもうネイティブの人と積極的に話していくしか無いんだと思う。それと、人によっては癖のある英語を話す人がいるのでその人と仲良くなりたいのであれば特に積極的に話しかけて相手の癖に対応していく必要があると思う。


2,スピーキング力
リスニングがある程度できるようになるとスピーキングにも気が向くわけでして。今は文法がめちゃめちゃだなぁと自分で話しながら思ってる。でもめちゃめちゃでもなにか言わないと伝わらないので取り敢えず何か言ってあとは相手の理解力に任せようとしてる。これに関してはとにかく話す機会を増やして慣れるしか無いと思う。それともう少し英語の定型文を覚えたい。そうすればもっと色々な表現が簡単に言えるだろうし。スピーキングに関しても慣れというのがあって、大抵の受け答えはI see.(なるほど)かNice!(いいね!)かInteresting.(興味深いね)で済んでしまう。レストランで使う英語も限られてるし、状況別にこういう英語を使えば良いのかと分かると意外と楽に済んでしまう。でもそれだけだと研究とか議論でうまく英語が使えないので少しずつスピーキングも頑張っていきたい。


3,耐久力
英語に対する耐久力がないなぁとつくづく感じてる。具体的に言うと英語を聞いたり読んだりすればするほど「眠くなる」。睡眠時間にかかわらずミーティングで英語を聴き続けたり論文を読んでいると眠くなる。おそらく脳の処理能力・疲労が限界に達して落ちるんだと思う。日本にいたときもリスニングの訓練をやってるとやたら眠くなることが多かった。その時に比べれば耐久力はついてきたと思う。アメリカに来て2週間くらいの時に出ていたミーティングは本当に眠かった。周りには「時差ボケで眠いんだよね」とか言ってたけどあれはおそらく耐久力の問題だと思う。


結局のところ、上に挙げた3つの課題はどれもひたすら実践をこなせば改善されると思う。地道に人に話しかけたり論文をひたすら読んだりミーティングに出続けるしか無いと思う。渡米1年でネイティブの英語が大体聞き取れるようになってミーティングでも眠くならないようになりたいなぁ…(´-`)

0 件のコメント:

コメントを投稿